鼻ニキビの治し方をチェック

鼻ニキビの治し方をチェックしましょう。
MENU

鼻ニキビ対策のおさらい

鼻にニキビができた!さあ大変!などとなってしまった時の
鼻のニキビの治し方をここで一挙に公開します。

 

公開というほど大げさなことではありませんが、
意外と勘違いをしている人もいるようなので、
ここでわかりやすくおさらいをしてみましょう。

 

ニキビができる原因を改善すれば、鼻のニキビは自然と治るのです。
ではどのようにすればニキビを改善して治せるか?

 

まずは食事ですが、油気が多いものは適度にして、ビタミンCなどをはじめとする
ビタミンとミネラルのバランスが取れた食事を摂ることです。
なお食べ過ぎは止めましょう。

 

次に適度な運動をしてリラックスすることを心がけてストレスを溜めないことです。
ストレスはニキビだけではなく心身ともに悪影響を誘発します。

 

次に睡眠をしっかりとることが大切で、寝不足はニキビと便秘の大敵です。
さらにお肌の汚れやメイクの汚れは朝と夜の洗顔できちんと落とすようにしましょう。

 

このように、栄養バランスの良い食事、食べ過ぎない、寝不足にならない、
ストレスを溜めないという正しい生活バランスを心がければ、鼻のニキビはきれいに治ります。

 

 

一番してはいけないのは、早く何とかしたいとむやみに指でニキビの芯を取りだそうとすることで、
そんなことをするとたとえニキビが治っても凸凹のニキビ跡が残る危険性があります。

 

鼻のニキビに跡が残ってしまったら、後悔できないくらい悔しいですよね。
規則正しい生活を送り、ニキビの無い綺麗な鼻を取り戻しましょう。

ニキビケアに効果があるとされる成分とは

ニキビの原因は脂肪分の摂り過ぎとか、不摂生な生活習慣からだとか、
あるいはストレスがホルモンバランスの崩れを招くからだ、などと言われています。
できたニキビは治さなければいけませんが、ニキビ予防のニキビケアに
効果があるとされるいくつかの成分について、ここで徹底的に見ることにします。
これでニキビにならない、あるいはできたニキビを治すためには正しいケアをしましょう。

 

ビタミンC誘導体

ニキビの治療には、皮膚科などではでビタミンC誘導体を用いることが多いようです。
誘導体は肌への吸収率を高めるので、肌の奥までビタミンCの成分が浸透します。
ビタミンCには、皮脂分泌の抑制効果と、毛穴を引きしめて活性酵素の働きを抑える
作用があるので、ニキビの改善と予防の効果があります。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科の甘草の根から抽出される成分で、漢方薬のカンゾウにも含まれています。
グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用と「抗アレルギー作用があるので、
ニキビ肌用の化粧水に使われ、皮膚炎の治療に使われます。

 

サリチル酸

サリチル酸の働きは、古い角質を軟らかくして取り除くことで、毛穴が詰まるのを防ぐ効能があります。
人体に安全な成分なので、ニキビケアのケミカルピーリングにも使われる成分です。
さらに、殺菌作用と抗炎症作用があるので、広く一般的にニキビ治療に使われます。

 

イオウ

イオウという成分はニキビ菌であるアクネ菌を死滅させる効果がります。
また、古い角質を軟らかくして除去する作用や、抗炎症作用もある成分です。
温泉で硫黄泉が肌に良いとされるのは、イオウが古い角質を取り除くためで、
ツルツルでスベスベの肌になると言われています。

更新履歴
このページの先頭へ